Uncategorized

昆布茶とは違うコンブチャとは紅茶キノコの事

 

日本でも人気があるコンブチャ

日本では昆布茶と間違われることも多かったコンブチャですが、最近は様々なメディアで取り上げられることも多くなっているため、広く認知されつつあります。コンブチャは、紅茶キノコのことです。紅茶キノコは、キノコではなく発酵飲料です。

砂糖を入れた紅茶などに、ゲル状の酵母菌や酢酸菌を加え、発酵させた飲み物です。発酵させている過程で、菌がキノコのように見えるため、紅茶キノコという名が付いたのです。紅茶キノコは、モンゴルで生まれた飲み物で、ロシアではとても人気が高く、伝統的に飲まれています。

 

美容のために利用している女性が多い

紅茶キノコは、栄養が豊富です。乳酸菌をはじめ、酵素、アミノ酸、ビタミンC、ポリフェノールなど、健康や美容に良い栄養素が豊富に含まれているのです。発酵させることで、栄養が分解され、別の栄養素が作られます。発酵飲料なので、自宅でも作ることができます。

アメリカでは、モデルや女優に愛用者が多く、日本でも女性の間で人気があります。発酵飲料は、腸内環境を整える働きがあります。腸内に悪玉菌が増えると、シミなど肌トラブルの原因にもなります。発酵飲料などの発酵食品を摂取することで、腸内環境が整い、美容にも良い効果が期待できるのです。

Leave a Reply